CHECK

再建築不可の不動産も対応可能!?不動産買取のミニ知識を分かりやすくご紹介

このサイトでは不動産買取に成功するための知識を、色々な視点から御紹介しています。
特に処分が難しいとされる際建築不可物件の処分に困っている方にとっても有益な内容となることを意識しました。
同様に購入希望者を見つけるのが困難ないわゆる「訳アリ物件」でも買取をいう選択肢なら処分できる、という点は抑えておいておきたいところです。
買取方法には、通常と即時の二種類がありますが、即時買取なら短期間ですぐさま現金化可能となっています。

再建築不可の不動産も対応可能!?不動産買取のミニ知識を分かりやすくご紹介

不動産買取と親和性の高い属性の一つといえるのが、最建築できない土地・建物になります。
いわゆる再建築不可物件と呼ばれるものです。
その意義は建築基準法や都市計画法などの規制によって、新築住宅を建設できない状況にある不動産のことを指しています。
典型的なのは、古くからの狭小住宅が密集しているようなエリアで、建築基準法上の接道義務などを充足できないというものです。
不動産会社のなかには再建築不可物件を専門的に手がけていることもあるので、不動産買取による処分を検討する余地はあるはずです。

流通しやすい物件は不動産買取で高く売ることができる

流通しやすい物件、つまり売りたい人と買いたい人が多い不動産というのは、不動産買取で高く売れる傾向にあるのではないでしょうか。
売りたい人が多い物件というのは、買いたい人にとっては安く買える可能性を意味するので、不動産買取が安定しやすく流通も活発です。
その逆も然りで、人気の不動産買取は自然と価格が上がりますし、購入希望者が多くあらわれる物件ほど高騰していきます。
市場の流れに乗りにくくて買い手がつきにくい物件は、欲しがる人がそもそも限られるので、仲介で買い手を探そうにも非常に見つかりにくいです。
だからこそ買取査定の価格が安くなる傾向なので、裏を返せば買い手がつきやすいほど高く手放せることになるわけです。
人気の土地や建物を理解するのは難しいですが、市場動向に詳しいプロであれば常に最新の状況を把握しています。
そして高く買っても更に高く売れる方法を知っていますから、査定を受けるならそういうプロに相談するのが正解ではないでしょうか。

セットバックが必要な場合の不動産買取は土地価格が下がる

セットバックが必要な場合の不動産買取は土地価格が下がることは理解しておかなければなりません。
土地の中には、周囲を他人の土地に囲まれたような形状になっていて、広い道路に面する部分があまり無いか、場合によっては全くないようなケースがあります。
こういう場合、過去はともかくとして現在の法律ではそこに新しく住宅を建てることが、防火などの観点から認められていないケースがあったりしますので、不動産買取では注意が必要になります。
このような土地であっても、前面道路の幅が狭いために法律上の区分を満たさないときには、自分の土地の一部を道路に供することで前面道路の幅を一定以上確保することとし、その結果、新しい建築が認められることがあります。
このように自分自身の土地の一部を道路に供し、逆に敷地を下げるような形とすることをセットバックと呼んでいます。
言うまでもなくその部分には建物などは一切建てられないわけですから、価格は下がってしまうのです。

築年数が経過していて建て直しが必要な場合も不動産買取が可能

最近の少子高齢化の影響は持ち家の帰趨にも波及しており、すでに生活の本拠を構えている人が遠方にある実家を相続するという事例が増加しています。
都市部などですでにマイホームを購入しているという状況下では、安定した資産価値のある実家という不動産といえども、毎年の固定資産税などのリスクばかりが問題視され、さほどメリットを感じないということも珍しくないようです。
高齢の両親が居住していたような物件であれば、築年数が数十年以上経過していることはよくあります。
建て直しが必要なほど老朽化しているようでは、不動産売却をするのもなかなか購入希望者があらわれないということも。
この点おすすめなのは、不動産会社が直接買主になる不動産買取です。
仮に築年数が相当経過していても、取り壊し工事などの施工をすることで買い手がつくようなコンディションにして、転売するといった専門の業者も存在しています。
古すぎる実家処分は不動産買取も検討してみて下さい。

再建築不可の一戸建ても不動産買取業者が対応してくれるケースもある

再建築不可物件に指定されている住宅がありますが、道路に面している間口が2メートル以下の場合、そもそも道路と面していない住宅が該当をしています。
所有者は当然ながら建て替えを行うことができず、限られた範囲でのリフォームに留まってしまいますが、もしも手放したい場合は不動産買取会社の中には再建築不可物件であっても対象としている会社もあるので、インターネットから調べてみる方法で不動産買取を実現させることができます。
このタイプの不動産会社では、認可されている範囲でリフォームを施して購入者を募る方法や、賃貸住宅として貸し出すために購入することに大きく分けることができます。
実際に興味を持つ方も少なくはなく、外観が古い時代に建てられていることが前提になるので、和稽古の教室として使う方法や隠れ家的なカフェを営業するために利用をしたりと一定のユーザーは実在しています。
不動産買取会社の中には、現地調査を行った際に後に再建築を可能にできると判断できたことで買取りをする会社もあり、売却を希望する方は諦めずに不動産会社を探すことは推奨できるのではないでしょうか。

不動産買取に関する情報サイト
不動産買取のミニ知識

このサイトでは不動産買取に成功するための知識を、色々な視点から御紹介しています。
特に処分が難しいとされる際建築不可物件の処分に困っている方にとっても有益な内容となることを意識しました。
同様に購入希望者を見つけるのが困難ないわゆる「訳アリ物件」でも買取をいう選択肢なら処分できる、という点は抑えておいておきたいところです。
買取方法には、通常と即時の二種類がありますが、即時買取なら短期間ですぐさま現金化可能となっています。

Search